sponsored by Kinoshita Dental Clinic
歯がボロボロでも生まれ変われる » 総入れ歯の基礎知識 » 年代別総入れ歯事情 » 40代の総入れ歯

40代の総入れ歯

この記事では、40代の方が歯を失ってしまう主な原因について紹介しています。また、抜けた歯を放置すると起こる可能性のあることについてもまとめています。

40代で歯を失う主な原因

まずはじめに40代の方が歯を失う主な原因を見ていきましょう。

歯周病

中高年で歯を失ってしまう原因として大きいとされているのが歯周病による影響です。早い人では、40代から歯周病によって歯を失うことがあるとされています。成人のほぼ半数は4mm以上の歯周ポケットを持っていると言われており、放置してしまうことで歯周病が進行して歯が抜けてしまう、ということにつながります。

まずはじめに1本だけ歯が抜けてしまい、それを放置していると他の歯まで影響が及んでしまい、歯が抜けるスピードがより加速する可能性があります。

侵襲性歯周炎

歯周病の中には「侵襲性歯周炎」と呼ばれるものがあります。これは、若い人に発症する歯周病を指しており、かつては若年性歯周炎と呼ばれていたものです。侵襲性歯周炎は、症状の進行が早く、30〜40代にも見られます。

この侵襲性歯周炎は、早くて11〜13歳ごろから発症するとも言われており、一般的な歯周病よりも発症が早い点が特徴です。さらに、侵襲性歯周炎は家族内での発症が多い点も特徴のひとつとされています。そのため兄弟の1人が発症した場合には、他の兄弟も侵襲性歯周炎となっているケースも多く、遺伝的な要因があるのではないかという考えもあります。

むし歯

むし歯も、40代で歯を失う原因として大きな割合を占めています。毎日しっかりと歯磨きをすして歯垢を取り除くことはもちろん、生活習慣病の一つであることから、甘いものを制限する、だらだら食べるという習慣をなくすことも大切なポイントとなってきます。

歯を抜けたまま放置するとどうなるか

何らかの理由で歯が抜けてしまった状態を放置すると、さまざまな影響が起きると考えられています。下記ではどのような影響が考えられるのかを紹介していきます。

噛み合わせや歯並びへの影響

歯を抜けたまま放置すると、まず口腔内への影響が起きてきます。

歯が抜けた状態を空白にしておくと、そのスペースに他の歯が寄ってくるために噛み合わせや歯並びが悪くなってしまうのです。一度歯並びや噛み合わせが悪くなってしまうと、その状態を治療するのは簡単ではありません。また、残っている健康な歯にも影響が起きることが考えられます。例えば、痛み出したり折れたりしてしまう可能性もあります。

食生活にも影響する

また、抜けた歯を放置していると食べられるものにも影響します。歯が少なくなっていくと固いものが食べられなくなるなど食べられるものがどんどん減って行くことによって、食に対する楽しみが減少します。さらに、十分に咀嚼できないことから胃腸への負担も大きくなることもあるでしょう。

見た目への影響が起きる

さらに、歯が抜けたことによって歯茎が下がることによって美しい口元を維持することが難しくなります。さらに頬がこけたり顎がたるむ、口元のシワが増えることがあるなど、老けた印象を与える顔になってしまうこともあるとされています。

加えて、歯が抜けてしまったスペースから息が漏れることで、他の人とおしゃべりしにくくなるという面もあります。

まとめ

歯を全て失ってしまった場合にはさまざまな解決方法がありますが、その中のひとつとして総入れ歯が挙げられます。もし歯を失ってしまった場合にはまずは歯科医院に相談し、それぞれの治療法のメリットやデメリットなどを知った上で治療を進めていきましょう。納得のできる治療を受けるためにも、信頼できる先生に相談をしてみてください。