sponsored by Kinoshita Dental Clinic
歯がボロボロでも生まれ変われる » 総入れ歯の基礎知識 » 年代別総入れ歯事情 » 若くして総入れ歯に
なった場合、
どんなことが大変ですか

若くして総入れ歯に
なった場合、
どんなことが大変ですか

20代、30代、40代という若い世代が総入れ歯にするというとき、どんなデメリットがあるのでしょうか。

若くして総入れ歯にするデメリットは、
実は一つだけ

入れ歯を取ったときの口が、どうしてもおじいちゃん、おばあちゃんのようにシワがれてしまう。

それが総入れ歯の唯一とも言えるデメリットです。

食べるものの制限などもデメリットと言えるかもしれませんが、本当に自分の歯の様に使える入れ歯を作ってもらうことができれば、その物足りなさを日々感じることはないでしょう。

それに、加齢とともに、歯にものが詰まりやすくなったり、食べにくいものが増えていくのは、総入れ歯でなくても一緒です。

それを思うと、いずれ「総入れ歯のほうが食べやすい」、という時がくるかもしれません。

「旅行などの出先ではどうする?」

QA木下先生

若い方では「旅行に行くので、2〜3日入れ歯をつけっぱなしでいいですか?」と聞いてこられる場合もありますが、2〜3日でしたら、まったく問題はありません。

入れ歯は寝る時は外していただくのですが、家族にもその姿を見せたくないという場合、寝る時用の柔らかい素材を使った入れ歯をお作りするということもできます。

若くして総入れ歯になるメリットは
どんなものがある?

大きなメリットは、今後一切、虫歯や歯周病に悩まされることがなくなることでしょう。

菌が繁殖する場所がなくなるわけですから、当然です。

総入れ歯になることで、入れ歯のお手入れが…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、歯磨きやフロスの手間がなくなることに比べれば、負担は大きく軽減できるのではないでしょうか。

若ければ若いほど、その楽な期間を長く味わえる…というのは、ひとつのメリットと考えられます。

「技術の結晶である総入れ歯と
患者様のトレーニングの両方が大事」

QA木下先生

総入れ歯のデメリットの少なさ、メリットをご説明してきましたが、これはすべて「自分のための良い入れ歯」に限った話です。

自分に合っていないものですと、違和感、痛みに常時悩まされることもありますし、顔に合わなくて、輪郭が変わってしまったというようなお話も聞きます。

そういったことを防ぐために、当クリニックでは、何百枚というお写真を、いろんな角度、表情で撮影させていただき、入れ歯を作る技工士も患者様と対面していただき、細かい調整を繰り返し、見た目・使用感ともに、最高と思っていただけるような総入れ歯制作に力を入れています。

とはいえ、いい総入れ歯ができても、すぐに最高の咀嚼ができるかと言ったらそうではありません。

義手や義足のように、自分の体の一部として入れ歯を扱うには、口の筋トレや唾液がよく出るようなトレーニングをしていただきます。
具体的には「あいうべ体操」や「エントレ」(※)を使ったトレーニングです。

そうやって、「自分のための良い入れ歯」を、「自分でトレーニングを繰り返す」ことで、初めて「自分の歯のよう」に、扱えるようになります。

患者様の中には「入れ歯であることを忘れる」だけではなく、「氷が噛める」「お煎餅を食べています」「めざしを食べています」なんて言う方もいらっしゃいますが(笑)、それも夢ではありません。

実際に、30~40代で総入れ歯になった方のお写真です。

治療の詳細を綴ったページを読んでいただければわかるのですが、重度の歯科恐怖症や摂食障害で歯がボロボロになってしまった…という辛いご経験を乗り越え、今ではお食事の時間を楽しまれているそうです。

若くして総入れ歯になった方の
治療後お写真
摂食障害で歯がボロボロになってしまった方の治療後
歯周病で歯を失ってしまった方の治療後

※あいうべ体操とは

口の筋肉を鍛え、口呼吸を改善するための体操のことです。

あいうべ体操のやり方は、次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくてもかまいません。

繰り返していると、自然に表情筋が柔らかくなり口角の上がった綺麗なスマイルができるようになります。また嚥下に必要な筋肉のトレーニングにもなり、鼻で呼吸ができるようになります。

(1)「あー」と口を大きく開く
(2)「いー」と口を大きく横に広げる
(3)「うー」と口を強く前に突き出す
(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす
(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けます

引用元:福岡みらいクリニック(あいうべ体操考案者である、今井一彰先生のクリニック) https://mirai-iryou.com/aiube/

※エントレとは

エントレ商品画像

引用元:AMAZON https://www.amazon.co.jp/ENTORE-エントレ-口腔機能向上トレーニング商品。頬の筋肉や舌の筋肉を鍛え誤嚥性時肺炎等の予防に役立ちます。/dp/B074Q8C1WK

歯科医師が開発した、摂食嚥下・鼻呼吸トレーニングのための器具です。

エントレをくわえながら、鼻で呼吸しているだけで呼吸と嚥下の効果的なトレーニングができます。

唾液の分泌にも一躍買うアイテム。

木下歯科医院とは
木下貴雄先生
院長木下貴雄先生

1日5組限定で、患者様のペースに合わせて治療を行う神戸の歯科医院。
カウンセリングから、治療、メンテナンス、歯のお掃除までも、すべてを木下先生が担います。
遠方の方向けに、ビデオ通話での無料相談も行なっていますので、下記リンクからお問い合わせください。

木下先生に
相談or予約する

フリーダイヤルで
問い合わせる