sponsored by Kinoshita Dental Clinic
歯がボロボロでも生まれ変われる » 総入れ歯の基礎知識 » 年代別総入れ歯事情 » 30代の総入れ歯

30代の総入れ歯

この記事では、30代で歯を失ってしまう原因や、歯が抜けた部分を放置することで何が起こるのかといった点を紹介しています。

歯を失う原因

まず、30代で歯を失ってしまう原因にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

歯周病

30代以降では、歯周病で歯を失うケースが多くなってきます。はじめのうちは歯茎が腫れる、膿んでしまうといった症状が見られ、進行すると歯を支えている骨を溶かしていきます。骨が溶けてしまうところまでいきますと歯がだんだんぐらつくようになってきて、結果的に歯を抜かなければならない状態になってしまいます。

侵襲性歯周炎

歯周病のうち、若いうちから進行してしまうものを侵襲性歯周炎と呼びます。若い頃から発症するという点、さらに進行が早い点が特徴で、早ければ10代のうちに発症するケースもあります。また、家族内での発症が多いという特徴もあり、兄弟揃って侵襲性歯周炎を発症しているといった場合もあります。

外傷

前歯を失うケースとして、交通事故や転倒などによって強い力が歯にかかって歯が抜けてしまうことも多くみられます。歯がきれいに抜けて時間が経っていなければもう一度その歯を植えられるケースもあります。ただ、歯が折れてしまった、歯周病などで歯茎が弱っているといった場合には植え直しは難しくなります。

虫歯

30代で歯を失ってしまう原因としては、虫歯の割合も多いと言われています。歯が痛いと思っても、歯医者に行く時間がない、歯医者が苦手などの理由で放置するとどんどん進行して治療ができない状態になってしまいます。また、虫歯を放っておくと、歯の根の先に嚢胞と呼ばれる膿の袋ができるケースもあり、大きさによっては抜歯が必要となります。

かみ合わせ

歯を失ってしまう原因には、かみ合わせも大きく関わっています。意識している方は数無いかもしれませんが、かみ合わせが悪いと、特定の歯に対して負担が過度にかかっていることがあります。

そうなると、嚙む度に力が余計にかかってしまい、歯がぐらついてしまったり、割れたりしてまうなどして、歯がだめになってしまうことがあります。

また、炎症を起こして歯肉の退縮などが起こり、その部分にプラークが溜まり、虫歯や歯周病の原因になります。一度、かみ合わせに不具合がないか確認することも必要です。

30代は歯周病になる人が増える?

この年代からは特に歯周病に注意する必要があります。

歯周病の目安のひとつが「歯周ポケットの深さが4mm以上ある」というものですが、歯科疾患実態調査によるとこの目安に当てはまる割合が20代後半から30代前半の人は30%を超え、さらに30代後半から40代前半では40%を超えています(※)。

さらに、30代からは働き盛りの年代でもあり、公私ともにストレスを抱える人も多くなるでしょう。ストレスは睡眠中の歯ぎしりや食いしばりにつながることがありますが、このように歯や歯茎などに力が加わると歯周病の悪化にもつながるとされています。

※e-ヘルスネット|歯周疾患の有病状況
(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-03-004.html)

歯を抜けたまま放置するとどうなるか

歯を抜けた状態を放置すると、さまざまな影響が起こる可能性があります。

歯並びの悪化

歯が抜けてしまった状態を放置すると、歯並びや噛み合わせが悪化する可能性があります。これは、歯が抜けて空間ができると、周りの歯はその空間を埋めようと寄ってしまうためです。このような形で歯並びが悪くなる、噛み合わせが悪くなってしまうと治療も難しくなってしまうので、歯が抜けた場合にはまず歯科医院に足を運んで歯科医師に相談することをおすすめします。

体への影響

また、歯が抜けてしまうと食事にも影響が出るため、健康面についても影響が出る可能性もあります。

歯が抜けてしまうと食べられる食材が減っていきます。例えば固い食材などは歯が健康な状態でなければ美味しく食べられませんし、さらによく噛めないとなると消化する際にも体に負担をかけてしまいます。

また、歯がないスペースから息が漏れてしまい喋りにくくなる、歯が抜けたスペースに食べカスが入り込みやすくなることで口臭が発生する場合もあるでしょう。

見た目にも影響

歯が抜けることによって、見た目にも影響が起きる場合があります。

歯が抜けると、これまで歯を支えていた骨が痩せ細って歯茎が下がってしまったり、頬がこける、顎がたるむといったことにも繋がります。このような状態になると、周りの人に老けた印象を与えてしまうかもしれません。

歯を失った時、インプラントにするか総入れ歯にするか

歯をすべて失ったときの選択肢として、考えられる治療は、インプラントと総入れ歯です。それぞれにメリットとデメリットがありますが、今回は総入れ歯に注目して、メリットとデメリットを見てみましょう。

総入れ歯のメリット

外すことが出来る

インプラントは固定式の人工歯ですが、総入れ歯は外すことが出来ます。外すことで、メンテナンスも楽にできるので、清潔を保つことが出来ます。

手術の必要がない

インプラントでは、外科手術が必ず必要となります。小手術ですが、やはり身体的な負担やリスクは伴います。一方で総入れ歯の場合には、外科手術が必要ありません。外科手術が受けられない方でも治療が受けられるのです。

総入れ歯のデメリット

噛む力が弱い場合がある

総入れ歯は、噛む力が弱いといわれています。それは、入れ歯の吸着が不十分なためで、その部分を解決すれば普通の咀嚼には問題がないレベルとなるでしょう。

年数が経過すると、作り直しの可能性

総入れ歯の場合、年数が経過してお口の中の骨が痩せたり歯肉が退縮すると、サイズが合わなくなることがあります。その場合、作り直しが必要となることもあります。

まとめ

ご紹介してきたように、歯を失ってしまうのは、高齢者だけではなく若い世代にも起こり得ることです。

しかし、事故などを除き、歯周病や虫歯、かみ合わせの問題などは、自分で認識して治療をすることで歯を失うことを避けられる可能性があります。ぜひ、違和感があれば歯科クリニックで検査をしてください。

また、現在歯を失ってしまった場合には、大きくインプラント治療と、総入れ歯治療という2つの選択肢があります。どちらの治療にもメリットとデメリットがあるので、自分にはどのような治療が合っているのか、よく検討することが必要です。

加えて、信頼できる歯科クリニックを探して、治療前によく相談することも大切なことです。