sponsored by Kinoshita Dental Clinic
歯がボロボロでも生まれ変われる » 総入れ歯の基礎知識 » 年代別総入れ歯事情 » 20代の総入れ歯

20代の総入れ歯

この記事では、20代など若い世代のうちに歯を失ってしまう原因や、歯が抜けた箇所を放置しているとどのようなことが起きる可能性があるのか、といった点についてまとめています。

若いうちに歯を失ってしまう原因

20代など若いうちから歯を失ってしまう方もいます。ここでは、歯を失う原因について見ていきましょう。

虫歯

まず、歯を失う原因として多いのに虫歯が挙げられます。なんとなく歯が痛い、冷たいものがしみるといった状態に気づいた場合、すぐに歯医者に行く人と行かない人がいるのではないでしょうか。虫歯は放置するとどんどん進行して、治療ができない状態になってしまい、結果として抜歯することになってしまうケースがあります。

加えて、虫歯を放置すると歯の根の先に膿の袋(嚢胞)ができてしまうことにもなります。どの程度の大きさかにもよりますが、場合によっては抜歯が必要なこともあります。

つわり

妊娠によって歯が影響を受ける場合もあります。つわりがひどい場合には歯磨きができない状態になることもありますし、食べづわりによって一日中何かを口にしているために口腔環境が酸性になった状態が続き、虫歯ができやすい状態になることもあります。

もともと、妊娠中にはホルモンバランスが変わり口腔環境が悪くなりやすいとされていますが、さらにつわりの影響が加わって、より歯に影響を与えるのです。

摂食障害

また、摂食障害によって歯を失う可能性も考えられます。

摂食障害の症状はさまざまですが、過食症のように大量に食べておう吐を繰り返すという症状も見られます。吐いた時に出る胃液によって歯が溶けてしまうこともあります。歯が溶けて薄くなり、欠けてしまって歯を失うことになるのです。

歯を抜けたまま放置するとどうなるか

歯が抜けてしまった状態を放置していると、さまざまな影響が出てくるといわれています。どのような影響が考えられるのかを見ていきましょう。

歯並びや噛み合わせに影響する

歯が抜けた状態を放置していると、まず歯並びや噛み合わせに影響が出てしまう可能性があります。これは、抜けた歯をそのままにしておくと、間が開いた部分を埋めようと他の歯が寄ってくるためです。そのため、歯が傾いて歯並びや噛み合わせが悪くなるといったことが考えられます。

さらに、他の健康な歯への負担が増えることによって痛みが出たり折れてしまったりといった影響が出てくる可能性もあります。

食べられるものに制限が出てくる

食事面に影響が出てくる可能性もあります。歯が少なくなってくると、固いものが食べられないなど食べられる食材がどんどん減っていき、食の楽しみが少なくなってしまうことがあります。また、十分に咀嚼できないことから、胃腸への負担も大きくなる場合もあるでしょう。

歯茎の位置が下がり、見た目に影響

歯茎の中にある骨は、歯がなくなってしまうとどんどん痩せてしまい、結果として歯茎が下がることに繋がります。こうなると、美しい口元の維持が難しくなってしまいます。さらに、歯がないことによって頰がこける、口元にシワが増えてしまうなど、老けている印象を与える顔つきになってしまう可能性も考えられるのです。

かみ合わせの重要性について

歯が抜けてしまうという現象は、高齢者だけの問題ではありません。20代の方も歯を失うことがあります。歯を失った場合には、放置をせずに、なるべく早く義歯をいれてください。歯が無いままにしておくと、徐々に両隣の歯が失った歯の方に倒れるように移動してくるからです。

そうなってしまうと、歯並びが変化して、かみ合わせが悪くなります。そうなると、肩こりなどの原因にもなりますし、一部の歯に負担がかかり、さらに他の歯を失うことにも成りかねません。

かみ合わせを正常に保つためにも、歯を失ったらすぐに対策を取りましょう。

入れ歯とブリッジやインプラントとの比較

歯を失った場合の選択肢には、大きく3つあります。まずは入れ歯です。一部の歯を失ったときには部分入れ歯、無歯顎(むしがく:歯がない状態)になれば総入れ歯です。

次にブリッジ治療です。これは数本の歯を失った場合におこなわれる治療です。

そして、最後はインプラント治療です。インプラントも一部を失った場合と、無歯顎担った場合の治療方法があります。これらの治療を以下で詳しく解説していきます。

入れ歯治療

入れ歯治療には2種類の方法があります。部分入れ歯と総入れ歯です。部分入れ歯は1本から数本程度の歯を失った場合に実施され、総入れ歯は無歯顎の場合に適応となる治療です。

多くの場合、歯を失ったときの第一選択は入れ歯を考えます。それは、健康保険の適用であり、治療期間も短い治療だからです。ただ、保険適用の入れ歯治療は、素早い機能回復はできますが、装着感や審美面(見た目の問題)で不満に思う方もいます。

そのような場合には、自費診療になりますが、精密入れ歯という選択肢もあります。機能性にも審美性にも考慮された治療です。

ブリッジ治療

ブリッジ治療は、数本の歯を失ったときに実施する治療です。失った歯の両隣の歯に被せ物をして、橋のように失った部分の義歯を支えます。

こちらも入れ歯と同様に、基本的には保険診療となるので、選択する方は多いです。しかし、被せ物をするために、両隣の歯を削る必要があるので、躊躇する方がいるのも確かです。

一方で、入れ歯治療は可撤式(かてつしき:取り外し可能)であるのに対し、ブリッジは固定式ですから、安定して噛めるというメリットも持っています。失った歯が数本で、入れ歯の取り外しが面倒な場合はブリッジ治療も考えられると思います。

インプラント治療

インプラント治療も、入れ歯治療と同様に数本の歯を失った場合と、無歯顎の場合の治療があります。数本の治療では、インプラント体1本につき、1つの人工歯を装着します。

無歯顎の場合は、4本から6本のインプラント体を埋入して、総入れ歯のような特殊なブリッジを製作して装着する治療があります。どちらも外科手術が必要で、自費診療となりますので、体の負担や費用が問題となります。

一方で、噛む力や装着感などは、入れ歯よりも良いと感じる方もいますので、入れ歯に対して不満がある場合には検討してみるのも良いでしょう。

まとめ

ご紹介したように若いうちでも、歯を失うことはあります。大事なことは、歯を失ってもそのまま放置しないことです。放置してしまえば、両隣の歯が倒れてきて、歯並びが悪くなっていきます。それが原因でかみ合わせにも影響が出てしまい、残った歯も徐々に悪くなり抜けてしまうこともあるのです。

ですから、なるべく歯が無い期間を短くすることを心がけましょう。歯を失ったら、すぐに義歯を入れることが重要になります。また、不幸にして無歯顎になった場合も同様です。放置していると、顎骨が痩せてしまったり、歯肉が退縮したりする現象が起きて、治療が長引くこともあります。