sponsored by Kinoshita Dental Clinic
歯がボロボロでも生まれ変われる » 精密入れ歯の基本情報 » 精密入れ歯の治療について » 精密入れ歯とは

精密入れ歯とは

見た目や使い心地に悩みが多い入れ歯。精密入れ歯なら悩みを軽減できるかもしれません。精密入れ歯について解説します。

精密入れ歯とは

精密入れ歯はオーダーメイドの義歯

精密入れ歯とは、オーダーメイドで製作された義歯のことです。一人ひとりの口の状態や動きにあわせて設計されるので、違和感の少ない自然な歯になるのが特徴。噛み心地、噛む力などを計算して作られるため、噛み合わせも自然です。

精密入れ歯の定義は、クリニックによって違うこともありますが、多くがヨーロッパ発の「BPS総義歯」システムのことを指しています。BPSは、患者様の生活のクオリティが高まるよう精密に設計して義歯を製作する世界的に認められたシステムです。噛み心地の他にも、審美性にもこだわることができます。

見た目も装着感も、できる限り自然な入れ歯が精密入れ歯です。

保険適用されない

精密入れ歯は、保険は適用されない治療方法。一般的な入れ歯ではなく、一人ひとりに合わせて、歯科技工士と一緒に設計されるので、費用より使用感を重視したい人におすすめできます。

口の筋肉の動きなど、その人独自のクセなどを記録して作るため、保険適用できる義歯と比較して製作時間も必要です。

インプラント治療との違い

精密入れ歯は外せる

インプラントとの大きな違いは、義歯を外せることです。装着しているときはしっかりとフィットしているので外れにくいですが、お手入れするときは外せます。

外してメンテナンスができるので、お手入れが楽で、いつも清潔に保てるのがメリットです。

手術しなくていい

インプラントは外科手術が必要ですが、精密入れ歯は手術をしません。ぴったりとフィットする義歯を作るために綿密な検査は必要ですが、歯肉を切開することがなく、体の負担は低いです。

精密入れ歯は、手術できない人や手術に抵抗がある人でも利用できます。

インプラント周囲炎の心配がない

インプラントは、天然の歯でいう歯周病にあたる「インプラント周囲炎」のリスクがあります。

精密入れ歯は、歯茎に何も埋めないので、歯周病・周囲炎などのリスクはありません。

医療法人社団木下歯科医院のオーダーメイド入れ歯について

BPS×ドイツ式シュトラックデンチャー×独自技術

木下歯科医院の精密入れ歯であるオーダーメイド入れ歯は、BPSシステムとその源流であるドイツ式シュトラックデンチャーの治療システムを融合させた技術です。

さらに、入れ歯に豊富な経験を持つ医師と入れ歯専門技工士とで確立した独自の治療方法を織り交ぜて、精密な入れ歯を製作します。

使用感と審美性を兼ね備えた入れ歯

歯肉にぴったりと密着するオーダーメイドの入れ歯です。カチッと噛み合わせがはまる使用感、入れ歯だと気づかれにくい見た目。快適な使い心地で、自然な笑顔になれることを目指しています。

入れ歯で苦労してきた患者様の期待に応えたいとの想いで、真剣に向き合って製作する精密な入れ歯です。

インプラントに代わる選択肢

木下歯科医院の入れ歯治療は、インプラント治療を受けられない方にとって、救いになるような治療を提供したいとの想いで構築されました。

インプラントは外科手術を伴うため、どうしても、受けられない方がいます。例えば、高齢の方や糖尿病、高血圧、内臓疾患がある方などです。また、体内にネジを埋め込むことに抵抗がある人も。そんな人のために、使用感と審美性を両立した入れ歯を作っています。

インプラント以外の治療の選択肢となりえる入れ歯治療が、木下歯科医院のオーダーメイド入れ歯です。

esteethとは

木下歯科医院で製作するすべての入れ歯を「ESTEETH」と名付けています。

  • EST:最上級の
  • ESTHETIC:美しさ、リラクゼーション
  • TEETH:本物の歯

ESTEETHにはこの3つの意味が込められています。

入れ歯専門技工士の立ち合いで、精密入れ歯を製作。できるだけ本物の歯に近い使用感で、快適に過ごせて、見た目も自然な入れ歯を理想としています。

また、クリニックの居心地のよさも大切にしているクリニックです。内装やインテリア、アロマ、BGMにこだわって、まるでエステサロンのようにリラックスできる雰囲気づくりをしています。リラックスして検査を受けることで、普段と同じように口の中を動かせるのもメリットのひとつです。より精密な入れ歯を作れます。

esteethの特徴

総入れ歯

フルオーダーメイドの総入れ歯は2種類。

  • シリコンデンチャー
  • エステティックデンチャー

シリコンデンチャーは、入れ歯と歯肉がフィットする箇所にシリコン製の柔らかい樹脂を使用した入れ歯です。

エステティックデンチャーは、より審美性を追求し、本物の歯肉のように毛細血管や色のグラデーションを再現。人工歯も天然の歯のような透明感を作り、まるで血が通っているような自然な見た目を作ります。

部分入れ歯

部分入れ歯は、3種類です。

  • ノンクラスプデンチャー
  • キャストパーシャルデンチャー
  • ハイブリット型ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の最も多い悩み「金具が見えて恥ずかしい」を改善できるよう、金具部分に歯肉と同じ色や透明の樹脂を使用した入れ歯が、ノンクラスプデンチャーです。

キャストパーシャルデンチャーは、噛む度に入れ歯が動く悩みを改善するために、金具の設計や素材などにこだわり、最も安定するように製作します。

そして、ノンクラスプデンチャーとキャストパーシャルデンチャーのいいところ取りをしたハイブリット型ノンクラスプデンチャー。安定性に優れたキャストパーシャルデンチャーのフレームを使用して、金属が見えてしまう部分はノンクラスプデンチャーの樹脂を使用。安定性と審美性を兼ね備えた精密入れ歯です。

プレミアム入れ歯

3日間で入れ歯を完成させるプレミアム入れ歯も提供しています。遠方から治療に来られる方、海外へ行く予定があり時間がない方、短期集中で治療したい方におすすめです。

なんと、3日間クリニックを貸し切り。お一人のためだけに集中し、ぴったりの入れ歯を製作します。

1日目はカウンセリング、検査を経て、1回目の型取りの上、噛み合わせの確認をおこないます。午後は、さらに精密な噛み合わせの採得を実施。

2日目は、入れ歯の試着、審美性のチェック、2回目の精密な型取り、再度、噛み合わせを採得します。

3日目は完成した入れ歯の装着というスケジュールです。

口元を気にせず笑顔になれる精密入れ歯

精密入れ歯とは、オーダーメイドで作る入れ歯のこと。口の状態や筋肉の動かし方にフィットする入れ歯なら、「入れ歯が目立つ」「ズレる」「痛い」などの入れ歯の悩みが改善します。入れ歯だと気づかれにくい自然な見た目も手に入り、口元を気にせずに笑えるでしょう。

木下歯科医院では、世界基準のBPS、ドイツ式シュトラックデンチャー、そして経験で培われた独自技術を融合して、機能性と審美性を兼ね備えた入れ歯を製作しています。