sponsored by Kinoshita Dental Clinic
歯がボロボロでも生まれ変われる » 精密入れ歯の基本情報 » 精密入れ歯の治療について » 精密入れ歯の審美性

精密入れ歯の審美性

精密入れ歯は普通の入れ歯に比べて、見た目の美しさが特徴です。では、どのように違うのでしょう。精密入れ歯と普通の入れ歯の見た目や材質、作成工程、検査方法の違いについて詳しくご紹介します。精密入れ歯を検討されている方は参考にしてください。

精密入れ歯と普通の入れ歯の見た目の違い

普通の入れ歯は、噛めることが優先です。見た目より機能を重視しています。精密入れ歯は、機能性と審美性にこだわった自然に近い入れ歯です。ただし、普通の入れ歯は保険が適用されますが、精密入れ歯は自由診療のため費用は高額になります。

また、普通の入れ歯は外れやすい、不具合を起こしやすいということが多くなることもあるため、都度メンテナンスが必要です。一方精密入れ歯は外れにくく、違和感が少ないとされています。では、見た目はどうでしょう。

総入れ歯の場合、普通の入れ歯は使用する素材が限られるため、仕上がりはやや不自然になってしまいがちです。精密入れ歯は、自然の歯や歯茎に近い色をしているので、仕上がりが自然で周りに気づかれません。

部分入れ歯の場合、普通の入れ歯は金属の金具が目立つので、人と話をする時に金属が見えないようにと、口元を押さえて話をしている人もいるのではないでしょうか。しかし、精密入れ歯は金属の金具を使わなかったりするので、入れ歯部分が目立ちません。

参照元:まさき歯科医院(https://ireba.masakishika.jp/15160957374207)

精密入れ歯が美しい理由

材質の違い

普通の入れ歯は、人工の歯と人口の歯を支える「床(しょう)」でできています。床(しょう)は人口の歯茎で、材質はプラスチックです。保険が適用されますが、「国が定めている素材を使用して作成しなければいけない」というきまりがあるので、材質を選択することができません。

精密入れ歯は金属床。コバルトクロムやチタン、白金加金、金といった材質でできています。コバルトクロムはこの中でも価格が安く、普通の入れ歯の3分の1の薄さです。ただし、金属アレルギーの方は使用できない可能性があります。チタンは軽くて丈夫、金属アレルギーの心配もないようです。

参照元:大袋歯科医院(https://www.shika-oobukuro.com/denture/)

参照元:町田NI歯科(https://machida-ni.com/columns/%E7%B7%8F%E5%85%A5%E3%82%8C%E6%AD%AF%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%83%BB%E7%89%B9%E5%BE%B4%E3%83%BB%E5%80%A4%E6%AE%B5/)

作成工程の違い

入れ歯の作成工程は以下の通りです。

  • 簡単な型取り(上下)
  • 精密な型取り(上下)
  • かみ合わせの記録
  • 試し入れ
  • 完成
  • 調整

普通の入れ歯の型取りは上顎と下顎と片方ずつ行います。精密入れ歯の 「BPS(生体機能的補綴システム)デンチャー」では、口を閉じたまま上下の顎の型取り行います。BPS デンチャーは製作工程がシステム化されているため、精密な情報を取得できるので、患者さんにピッタリの入れ歯を作ることが可能です。

普通の入れ歯は、歯科医師の手で圧力をかけますが、精密入れ歯は患者さんの口の動きで圧力をかけるので、正確な型取りができるのです。筋肉や唇、舌の動きも反映されるため、入れ歯が外れるのを防ぐことができます。

参照元:大袋歯科医院(https://www.shika-oobukuro.com/denture/)

参照元:中田歯科医院(http://nakada-shika.com/dentures/#latest)

検査方法の違い

入れ歯作成の検査方法は以下の通りです。

  • 視診
  • 触診
  • 口腔内写真撮影
  • レントゲン撮影
  • 歯周組織検査(歯牙が残っている場合)
  • 咀嚼力検査(必要に応じて)

参照元:早稲田駅前デンタルクリニック(https://www.waseda-ireba.jp/15763126877937)

精密入れ歯の検査方法は、歯科専用のカメラで写真撮影、精密なレントゲン検査、そして骨格やデンタル、3次元CTで撮影します。両方を組み合わせて検査することで、虫歯・歯周病の有無、過去の治療・材料、現在の口の中の状態が把握できます。

上下の顎の位置と下顎の動きを詳しく調べる「ゴシックアーチ検査」という方法もあります。ゴシックアーチ検査は、上顎の装置に板、下顎には針をつけ、嚙み合わせることで正しい位置を導き出します。この検査法を用いることで、上下左右の誤差がより少なくなります。

参照元:山下歯科 ゴシックアーチ検査(https://www.yamashita-dental-office.jp/denture/gothic-arch-tracing.html)

参照元:森歯科医院(http://www.mori-dc.com/denture.html)