歯がボロボロでも生まれ変われる » 不安に応えるQ&A » インプラント・ブリッジ・入れ歯の違い
「ボロボロの⻭は治るの?」
「インプラントじゃダメなの?」
不安に応える
Q&A
回答は…
⽊下⻭科医院 ⽊下貴雄先⽣

食べる楽しみ、笑う喜びを患者様に味わっていただきたい。その一心で患者様の治療にあたり、精密入れ歯の症例は、2003~21年の13年間で1217にも上る。

症例数参照元:木下歯科医院【入れ歯専門サイト】 
https://k-ireba.com/

⽊下貴雄先⽣

インプラント・ブリッジ・入れ歯の違い

歯の治療をしていると様々な選択肢が出てきます。よく上げられる治療法としては

  • インプラント
  • ブリッジ
  • 入れ歯

です。どの治療を選択するか悩んだ際にそれぞれの治療はどういう特徴があり、何を基準に考えるべきか。それらの判断基準になるようにインプラント・ブリッジ・入れ歯の特徴などを紹介していきます。

歯を失ってしまった場合の3つの治療法

ブリッジの特徴とメリット・デメリット

歯を1,2本失ってしまった場合に歯の両サイドの歯を支えにして、橋(ブリッジ)のように一体型の被せものを装着する治療法です。メリットとしては、両サイドの歯と固定されるため動きづらく、噛む感触が自分の歯と近い感じといわれています。

デメリットとしては、両サイドの健康な歯も削らなければならず、健康な歯に負担がかかり健康な歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。保険適応のブリッジの場合、プラスチックと銀歯で作られるため審美性がよくないといえます。また、ブリッジと歯ぐきの間に食べかすなどが詰まりやすく虫歯や歯周病の原因になる場合があります。

インプラントの特徴とメリット・デメリット

インプラントは歯の根を失ってしまった場合に、手術で歯の根を作る治療方法です。インプラントのメリットは見た目が自分の歯との区別がつきにくいことや違和感なく噛めることです。安定性に優れていおり、自身の歯への影響も少ないとされています。デメリットとしては、手術を行わなくてはならず治療経過が長くなります。また、保険適応外の治療になるため高額な治療費がかかります。

入れ歯の特徴とメリット・デメリット

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。部分入れ歯の場合、歯を抜いた部分の歯茎に人工の歯がついたピンク色の床を乗せ、残っている歯に留め金(クラスプ)を掛けて安定させる方法です。1本だけ歯を失った場合から、歯が1本しか残っていない場合まで用いることができます。総入れ歯の場合、上顎の歯や下顎の歯の全部、あるいは上下顎の両方の歯が全部無くなってしまった場合に総入れ歯が用いられます。

入れ歯のメリットとしては、保険適応内の場合、比較的安価で作ることができます。また治療期間や通院回数が比較的短くて済みます。デメリットとしては、安定性が悪く噛む力が弱くなったり、痛みが出ることもあります。ただし、嚙む練習などをしっかり行えば問題ありません。

精密入れ歯という選択肢

精密入れ歯は、審美性が高く、まるで自分の歯と同じように噛むことが出来る自身に合わせてオーダーメイドされた入れ歯のことです。咬合性・審美性・機能性などを考慮し熟練の技工士と歯科医師とで作られます。

入れ歯治療の選択肢

入れ歯には多くの種類があります。保険適応内で安価に作ることが出来るレジン床義歯が入れ歯の割合の大多数を占めています。条件によって保険適応となるシリコーン義歯は、レジンに床義歯に比べると痛みが少なくなるという特徴があります。他にも、シリコーン義歯・ノンクラスプ義歯・金属床義歯・マグネット義歯・インプラント支持の義歯など多くの入れ歯があり、それぞれ特徴が異なります。

最新の入れ歯はあなたの歯になる

入れ歯と聞くと高齢者がつけているものを想像しがちです。しかし、最近では精密入れ歯と呼ばれる自身の歯と遜色のない入れ歯があります。精密入れ歯は、フルオーダーメイドのため、自身のお口の状態・筋肉の状態・嚙み合わせ・噛む時の状態・歯が見えた時の状態など元の自身の歯に近い状態の歯を再現した入れ歯です。素材などにより価格帯は変動しますが、約150~300万円程度の料金がかかります。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違いについてのまとめ

  • 自身にあった治療法を選択
  • イメージに囚われない
  • 料金だけで判断せず、自身の健康のために

入れ歯・ブリッジ・インプラントにはそれぞれメリット・デメリットがあります。治療を行っていく中で、その時のお口の状態に合わせて治療方法を選択することも大切です。

入れ歯・ブリッジ・インプラントは状況や悩みによって最適な選択は変わるでしょう。

そしてあなたが何に対して悩んでいるのか、一緒に考えてくれるクリニックを選ぶことこそが重要です。

どういった場合でも解決方法はある。そう信じて相談してみてはいかがでしょうか。