「ボロボロの⻭は治るの?」
「インプラントじゃダメなの?」
不安に応える
Q&A
回答は…
⽊下⻭科医院 ⽊下貴雄先⽣

食べる楽しみ、笑う喜びを患者様に味わっていただきたい。その一心で患者様の治療にあたり、精密入れ歯の症例は、2003~21年の13年間で1217にも上る。

症例数参照元:木下歯科医院【入れ歯専門サイト】 
https://k-ireba.com/

⽊下貴雄先⽣

目立たない入れ歯

入れ歯の大きな悩みのひとつが「入れ歯が目立つ」というもの。実は、目立たない入れ歯が作れることをご存じでしょうか?くわしく解説します。

オーダーメイドの入れ歯なら可能

目立たない入れ歯は、オーダーメイドの入れ歯で作れます。お口にしなやかにフィットする入れ歯なら目立ちません。

ノンクラスプデンチャーとは

クラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

※クラスプデンチャー(左)とノンクラスプデンチャー(右)の写真


「クラスプ」とは、入れ歯を他の歯に引っ掛けて安定させるための金属の留め具のことです。ノンクラスプデンチャーは、金属の留め具がない入れ歯の総称。入れ歯に気づかれる大きな原因である「金属」がないので、入れ歯が目立ちません。

ノンクラスプデンチャーでは、金属の代わりに弾力性のある樹脂を使用しています。金属を使わないだけではなく、色も歯肉の色に馴染むピンク色。歯茎を包み込むように装着するので、入れ歯だとは気づかれにくいのが特徴です。

ノンクラスプデンチャーには、複数のメーカーがあります。表面には金属を見せず、見えにくい裏側に金属を使って耐久性を強化したノンスクラプデンチャーも。保険は適用できません。

エステティックデンチャーとは

エステティックデンチャー
木下歯科医院精密入れ歯

※エステティックデンチャー(左)と精密入れ歯(右)の参考画像


エステティックデンチャーはより自然に、より美しい笑顔になって頂くことを追求した入れ歯です。

単に目立たないだけではなく、思い切り笑っても入れ歯だと気づかれない、歯の色や透明感や歯並び、歯茎の 色に至るまで、詳細に計算されて作られた精密入れ歯です。

素材のフィット感はもちろん、一人ひとりにあわせてオーダーメイドで作るので、歯茎に密着します。

エステティックデンチャーの特徴は、毛細血管や歯茎の色のグラデーションまで再現していることです。その方の歯茎の色に合わせて制作するので、入れ歯部分と歯茎の境目が目立ちません。

人工歯も天然の歯のような透明感を再現しているので、自然な見た目になります。歯茎が見えるほど大きく笑っても、入れ歯だと気づかれにくいのが嬉しいポイントです。

 

また、入れ歯専門技工士と共に、オーダーメイドで製作されるので、口の動きにフィットするのも特徴の ひとつ。「食べる」「話す」などの日常生活で大きな違和感なく快適に使えます。

保険義歯とエステティックデンチャーの違い

保険適用の可否

保険適用できる入れ歯とは違い、エステティックデンチャーは保険が適用されません。そのため、費用は高額になります。

目立たない入れ歯についてのまとめ

  • ノンクラスプデンチャーは歯に引っかかる金具(クラスプ)が目立たないように樹脂で作ったもの
  • エステティックは、歯茎に毛細血管などのグラデーションをかけたり、歯をより審美的なものにしたもの

以上のことから、金具に対する問題を解決したいならノンクラスプデンチャー、歯茎の色や歯並びをより自然に、誰にも気づかれないように、を目指すならエステティックデンチャーとなります