歯がボロボロでも生まれ変われる » 不安に応えるQ&A » 保険内の入れ歯と、
保険外の入れ歯は、
何が違うのですか
「ボロボロの⻭は治るの?」
「インプラントじゃダメなの?」
不安に応える
Q&A
回答は…
⽊下⻭科医院 ⽊下貴雄先⽣

食べる楽しみ、笑う喜びを患者様に味わっていただきたい。その一心で患者様の治療にあたり、精密入れ歯の症例は、2003~21年の13年間で1217にも上る。

症例数参照元:木下歯科医院【入れ歯専門サイト】 
https://k-ireba.com/

⽊下貴雄先⽣

保険内の入れ歯と、
保険外の入れ歯は、
何が違うのですか

ここでは、保険でできる総入れ歯と、自由診療の精密入れ歯の違いについて解説しています。

保険の入れ歯・自由診療の入れ歯はどう違う?

保険の入れ歯

保険適用となるため費用が抑えられるのが大きなメリットです。しかし、「床」や「人工歯」にプラスチックしか使えないため、耐久性に劣ります。

全体的に厚みがあり、装着時の違和感や不快感、痛みなどを覚えやすいのも特徴です。

また、オーダーメイドではなく、すべて平均値をもとに作られる入れ歯のため、その平均値に収まらない人の場合は不具合が出やすいと言えます。

保険の入れ歯のメリット

  • 費用負担が少ない

保険の入れ歯のデメリット

  • 使用素材が限られている
  • 耐久性に劣る
  • 違和感や不快感、痛みなどが生じやすい
  • 平均値に収まらない人の場合は不具合が生じやすい

自由診療の精密入れ歯

自由診療の入れ歯治療では、使用素材を保険で制限されることがないため、使い心地が良く耐久性も高い、優れた入れ歯を作ることができます。

また、自分にぴったり合う形状に仕上げられるため、より快適でストレスのない入れ歯生活が期待できます。

機能性・審美性ともに細部までこだわり、時間をかけて、丁寧にオーダーメイドの入れ歯を作れるのが自由診療の入れ歯治療の大きな特徴です。

自由診療の精密入れ歯のメリット

  • 自分にぴったり合うオーダーメイドの入れ歯が作れる
  • 審美性が高い
  • 耐久性が高い
  • 使い心地が良い
  • 時間をかけた丁寧な診察や治療が受けられる

自由診療の精密入れ歯のデメリット

  • 自費のため、費用が上がる
  • 作製に時間がかかる

「保険外の治療」ではなく「自由な治療」と考えて

「保険外治療」「自費治療」と聞くと、ただ費用が高い治療という印象を受けがちです。

しかし、その仕組みを考えると、「自由診療」という言葉が最も適していると言えるでしょう。つまり、いろいろと制限が多い“平均値の保険診療”ではなく、すべてその患者に合わせ、最も良い方法、最も良い材料を採用し、高いテクニックを用い、時間もしっかりとかけて、オーダーメイドの自由な入れ歯治療を行うのです。

その結果、保険が使えないため費用が10割負担となる、ということです。

歯科医の自由診療というと、「素材が選べるから高い」と思いがちなのですが、それだけではない違いというのが存在することをお分かりいただけましたでしょうか?

「“高い’分の喜び、利便性、見た目」

QA木下先生

口は、物を食べ、話し、表情を豊かにする、とても大切な場所です。

確かに、保険診療の入れ歯は1万円~、自由診療の入れ歯は当院では100万~と、金額も大きく異なります。

しかし、日々の快適性、他の人からは入れ歯とわからないよう審美性などを考えると、けして無駄に高いわけではないと、きっとわかっていただけると思います。

「本当?」と思う方は、ぜひ当院で入れ歯をお作りになった患者様の感想を、見ていただけたら嬉しいです。

精密入れ歯の事例、患者さまの治療前・後や、感想については、別のページに掲載していますので、ぜひご覧になってください。

保険診療の歴史

現在、私たちは、国民皆保険制度による保険診療によって、病気になってもすぐ病院へ行き、数千円で医療行為を受けることができます。これは、世界的に見ても、大変恵まれた医療制度です。

しかし、昔からこうした医療制度が整っていたわけはありません。国民皆保険制度ができる前の日本では、病気になっても医療を受けられず、亡くなる人がたくさんいました。

ここで、国民皆保険制度ができるまでの簡単な年表を見てみましょう。

  • 1922年 (旧)健康保険法
  • 1938年 (旧)国民健康保険法
  • 1958年 国民健康保険法の制定
  • 1961年 国民皆保険の実現

1956年に発表された『厚生白書』には、「1000万人近くの低所得者層が、復興の背後に取り残されている。」といった記載があります。この頃までは、日本国民の約3分の1が、公的医療保険に加入していなかったのです。そのため、国民皆保険制度を実現することが、国の社会保障における大きな課題でした。

そして1958年、いよいよ新たな「国民健康保険法」が制定され、その3年後に、ようやく現在の「国民皆保険制度」が実現したのです。

保険診療の内容には大きな変化がない

こうした長い歴史を持つ医療保険制度。すでに触れたように、世界的に見ても、とても手厚くありがたい制度と言えます。

しかし、保険診療はあくまで“平均値の治療”を行うものです。税金の中で受けられる最低限の医療行為、とも言えます。使える道具、材料、方法、術式などの決まりがあり、これを守らないと保険は適用されません。

入れ歯治療を考えるうえでも、このことはぜひ頭に入れておきましょう。

木下歯科医院とは
木下貴雄先生
院長木下貴雄先生

1日5組限定で、患者様のペースに合わせて治療を行う神戸の歯科医院。
カウンセリングから、治療、メンテナンス、歯のお掃除までも、すべてを木下先生が担います。
遠方の方向けに、ビデオ通話での無料相談も行なっていますので、下記リンクからお問い合わせください。

木下先生に
相談or予約する

フリーダイヤルで
問い合わせる