sponsored by Kinoshita Dental Clinic
歯がボロボロでも生まれ変われる » 患者様の治療ストーリー » ブリッジの痛みが解決された

ブリッジの痛みが解決された

目次
Before
総入れ歯治療前01
総入れ歯治療前02
総入れ歯治療前03
総入れ歯治療前04
総入れ歯治療前05
After
総入れ歯治療後06
総入れ歯治療後07
総入れ歯治療後08
総入れ歯治療後09
総入れ歯治療後10
総入れ歯治療後11
総入れ歯治療後12
年代
治療期間 1年8ヶ月
費用 750万円
治療内容 歯の磨耗や破折が重度に進行していて食事がしにくい、歯の形や前歯の隙間が気になって歯を見せて笑うことができない、というお悩みで来院されました。
レントゲンや口腔内写真、CT撮影などのお口の人間ドックのような精密な検査を受けて頂き、噛み合わせや歯の形態の改善、そして審美的な改善を行う治療計画を立てました。まず、診断用の設計図をセラミック担当技工士と共に製作し、それを元に理想的な形態の仮歯を装着しました。それと同時に虫歯や歯周病の治療も並行して行い、噛み合わせの状態も改善していきました。
全てが安定したところで、仮歯の形態を参考にして最終の精密なセラミッククラウンを製作し装着しました。
治療後は安心して食事をして頂けるようになり、美しい自然な笑顔になって頂くことができました。
リスク・副作用 全ての歯の治療を同時に行わなければならない為、一回の治療は2〜3時間程度のお時間を頂き、効率的に計画的に進めていかなければなりません。また、歯の形態が大きく変わる為、噛み合わせの状態が一時的に不安定になったり、発音やお食事がしにくくなる期間もあります。その状況に合わせて、仮歯の形態を修正し、安定した日常生活が送れるような状態を作っていきます。

患者様より①

私はブリッジを入れていたのですが、ある時から次第にブリッジを支えている歯が痛むようになってきてしまいました。不快な感じもあり、近所にある歯科医院で診察をしてもらっていたのですが、あまり納得のいく治療が受けられませんでした。

毎回ブリッジの部分は診察してくれるのですが、具体的に何かをするわけでもなく、痛み止めの薬を出されるだけでした。状況の説明も不十分で、その間も痛みは増すばかりでした。

夜は痛みによって眠れないこともしばしばあり、「これは自分でなんとかしないと!」と思い立ち、インターネットで調べたところ、木下歯科医院さんのことを知りました。
「ここなら、助けてくれるかもしれない…」、藁にもすがる思いで、自宅から4回も電車を乗り継ぎ、ようやく到着し、最初の診察を受けさせてもらいました。

今思えば、向かっている最中に「これほど遠くまで来て、結果が出なかったらどうしよう・・・」などと思っていたのですが、そのような考えは本当に杞憂でした。
治療によって悩みが解決された現在では、遠くても私は木下歯科医院さんに通院したいと思っています。

患者様より②

最初の診察のときには、インターネットの評判は良いけれど、本当に私の症状や、今悩んでいる痛みのことなどを、先生がきちんと聞いてくれるか不安に思っていました。

しかし、先生の治療に対する意欲と言うか、真面目に取り組む姿勢は、私の予想を遥かに超えていたのです。

ブリッジを入れた時点から今までの経緯などをじっくりと聞いてくれて、私の悩みをまるごと受け取ってもらえたような気がしました。帰り際にはアンケートもあって、そこに自分の歯に対する不安やコンプレックス、惨めな思いをしたことなどを書いていると、悩みで凝り固まっていた心の殻が次第に割れていく感じがしていました。

それからは通院をすると、個室の診察室で落ち着いたピアノの演奏を聞きながら2時間から3時間かけて治療をしていただきました。

治療方針としては「土台をしっかりとつくり、その上に新しいものを建て治す」というものでした。治療の過程では少しずつ、自分の歯が再生していくようですごく治療が楽しみでした。

木下先生はどんな不安や疑問に対してもじっくりと聞いてくれて丁寧に説明してくださいます。
そして、決して治療で無理強いはしません。

私の場合も、奥歯を抜く必要性を何度も説明していただいて、こちらが恐縮するほどでした。治療が終わった今、写真の中できれいな歯を見せて笑う私がいます。ちょっと恥ずかしいですが、それを見て娘と間違えた人までいます。

木下先生は「口の中はすべての臓器につながっています」と、よくおっしゃって、全身のことも気にかけてくれました。私は先生に歯だけではなく、若さや気力、人生までも頂いたと思います。あとはそれを維持するため、口腔ケアを頑張りたいと思います。

※患者様の感想は、いただいたアンケートから抜粋しております。
あくまで個人の感想となり、症状やお口のトレーニングの頻度などによっても、感じ方は異なります。

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。

グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。

治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

木下歯科医院とは
木下貴雄先生
院長木下貴雄先生

食べる楽しみ、笑う喜びを患者様に味わっていただきたい。その一心で木下院長おひとりが、すべての患者様の治療にあたり、精密入れ歯の症例は、2003~21年5月の13年間で1217にも上る。

1日5組限定で、患者様のペースに合わせて、カウンセリングから治療、メンテナンス、歯のお掃除までも、すべてを木下先生が担います。

症例数参照元:木下歯科医院【0120-461-852】 
https://k-ireba.com/

ブリッジをした歯に痛みや違和感がでる原因

治療してからかなりの時間が経っている

保険適用のブリッジは、個人差はあるもののおよそ7年から8年経過すると不調が出てくるケースがあるといわれています。当然ブリッジにも寿命がありますから、治療を行ってから時間がかなり経っており、痛みや違和感が出始めた場合にはブリッジが寿命を迎えていると考えた方が良いかもしれません。

噛み合わせの不具合

ブリッジの治療を行った時、噛み合わせが高くなっていると、その部分に強い負荷がかかってしまいます。ブリッジの部分に大きな負荷がかかると、ブリッジを支えている歯に負担がかかり、歯根膜が炎症を起こすことによって痛みなどが生じるといったケースもあります。

虫歯や歯周病によるもの

ブリッジを行う際には、健康な歯を土台にして人工歯を支えることになります。もし、口の中をしっかりとケアしておかなければ支えている歯が虫歯になったり歯周病を発症するなどして、痛みを感じてしまうことがあります。治療を行ったところに痛みを感じている場合には、土台になっている歯がどうなっているのかを確認する必要があるでしょう。

土台の歯が割れる・折れることによるもの

また、土台の歯が虫歯などにはなっていなかったとしても、強い力がかかるなどして歯の根が折れる・割れるといった状況になっているケースも考えられます。考えられる原因としては、転ぶなどして強い衝撃がかかった、歯ぎしりをしている、食いしばりをするくせがあり強い力が加わったといったことが考えられます。

治療から日が浅いために慣れていない

違和感を感じる原因として、治療を行ってからあまり日が経っていない、といったものも考えられます。これまで天然の歯が入っていた部分に人工の歯が入ることによって、どうしても違和感が生じるといったことはあるでしょう。

また、土台となっている歯を削った影響で、痛みや違和感が出てしまうといった可能性もあります。治療後しばらくは様子を見て、我慢ができないほど痛いなどの場合には、歯科医院を受診することがおすすめです。

木下先生に
相談or予約する

フリーダイヤルで
問い合わせる